Metaverse NFT

【無料】メタバースプラットフォームのおすすめ3選【日本と海外】

おすすめ メタバース 3選
ねとまる
メタバースで遊んでみたいのですが、おすすめのプラットフォームを教えてほしいです。

 

上記疑問にお応えします。

 

  本記事の内容

・メタバースとは?

・メタバースプラットフォームおすすめ3つ

・NFTを購入した後の注意点

 

こんにちは、ねとまるです。

 

メタバースで遊びたいけど「どれがいいのかわからない!」「日本のメタバースで遊びたい!」と思っていませんか?

 

今回は、国内と海外を合わせたおすすめのメタバースプラットフォームを3つに厳選して紹介します。

 

この記事を最後まで見て頂くことで、自分にあったメタバースプラットフォームが見つかるはずです。

 

また、メタバースを楽しむために国内の暗号資産取引所口座が必要なプラットフォームもあり、先に口座開設しておくことで必要なときにスムーズに始められますよ。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはコインチェックです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

10分程で簡単に開設できるのでサクッと済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/

 

【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】

 

Coincheckサムネ
参考【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】

続きを見る

 

メタバースとは?

 

メタバースとは、仮想空間でアバター(キャラクター)を使って、他のプレイヤーとコミュニケーションを取ったり、オリジナルの世界を創ったりできます。

 

最近では、大手企業が参戦して広告やイベントを開いて話題となっています。

 

無料で遊べること、中にはスマホアプリで気軽に遊べるものも存在します。

 

次項では、日本のものも含めたおすすめのメタバースプラットフォームを紹介します。

 

メタバースプラットフォームおすすめ3つ

 

おすすめのメタバースプラットフォームは以下の3つです。

 

  おすすめメタバース

・TheSandbox

・Decentraland

・Cluster

 

順番に見ていきますね。

 

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

対応プラットフォームPC
通貨SAND
公式TwitterThe Sandbox
公式サイトTheSandbox

 

TheSandboxは、メタバースの土地である「LAND」の販売をしており、所有することで建物を建設したり土地を売買することができます。

 

すでに、多くの企業が参入しており最近ではコインチェックが参入し、土地にOasisTokyoを建設するプロジェクトが開始したことで話題となりました。

 

エイベックスも参入することを発表しています。

 

TheSandboxは、オリジナルのゲームを作成したり、NFTアイテムやキャラクタ―制作することができます。

 

制作したものは、マーケットプレイスで販売して稼ぐことができ、無料で遊ぶことができます。

 

LAND(土地)やアイテムを購入する時の通貨は「SAND」を使用しますがコインチェックで「SAND」の取り扱いが始まったので、直接購入できるようになりました。

 

気になった方は、下の記事で始め方や遊び方など詳しく解説しています。

 

【メタバース】The Sandbox(ザ・サンドボックス)の始め方と遊び方

 

こちらもCHECK

The Sandbox
【メタバース】The Sandbox(ザ・サンドボックス)の始め方と遊び方

続きを見る

 

また、メタバースの世界観をより楽しむなら「VRゴーグル」を装着することで360度の世界をリアルに味わうことができます。

 

Decentraland(ディセントラランド)

対応プラットフォームPC
通貨MANA
公式TwitterDecentraland
公式サイトDecentraland

 

Decentralandとは、誰でも無料で遊ぶことができ、メタバースと呼ばれる仮想空間の世界をもつゲームです。

 

他のプレイヤーとチャットをしてコミュニケーションを取ったり、企業が開催するイベントなど楽しむことも可能です。

 

LANDと呼ばれる土地やゲーム内のアイテムを売買することで、稼ぐことも可能。

 

映像がとても綺麗なので、一度体験してみてください。

 

こちらではコインチェックが「Oasis KYOTO」という2035年の近未来都市をコンセプトにしたメタバース空間を建設中ということで話題になりました。

 

2022年中に一般公開される予定だそうで、注目のメタバース都市です。

 

気になった方は、下の記事で始め方や遊び方など詳しく解説しています。

 

【メタバース】Decentraland(ディセントラランド)の始め方と遊び方

 

こちらもCHECK

Decentraland
【メタバース】Decentraland(ディセントラランド)始め方と遊び方

続きを見る

 

また、メタバースの世界観をより楽しむなら「VRゴーグル」を装着することで360度の世界をリアルに味わうことができます。

 

Cluster(クラスター)

対応プラットフォームPC/ios/android
通貨不明
公式TwitterCluster
公式サイトCluster

 

Clusterとは、クラスター株式会社が運営する国産のメタバースです。

 

しかも、PCやスマホアプリから無料で誰でも遊ぶことができます。

 

Cluster内では、プレイヤー同士のコミュニケーションが取れたり、企業や個人のイベントも開かれていて、参加して楽しむこともできます。

 

ワールドクラフトでは、好きな空間を作ることも可能です。

 

シンプルな操作性なので、すぐに楽しめますよ。

 

気になった方は、下の記事で始め方や遊び方など詳しく解説しています。

 

【メタバース】Cluster(クラスター)の始め方と遊び方

 

こちらもCHECK

Cluster
【メタバース】Cluster(クラスター)の始め方と遊び方

続きを見る

 

また、メタバースの世界観をより楽しむなら「VRゴーグル」を装着することで360度の世界をリアルに味わうことができます。

 

NFTを購入した後の注意点

 

NFTを購入したあとは、詐欺にあわないように気を付けなければいけません。

 

残念ながら、日本人を狙った詐欺が日々たくさんあります。

 

一度盗まれたりすると、基本的に二度と元に戻ってきません。

 

  詐欺にあわない為に

・正式な公式サイトから入る

・知らない人からのDMは開かない

・MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

・ハードウェアウォレットを使用する

 

順番に見ていきましょう。

 

正式な公式サイトから入る

 

正式な公式サイトから入り、NFTを購入しましょう。

 

中には、URLを1文字だけ似たものに変えていたり、公式でもないのに公式を示すチェックマークが入っていたりします。

 

また、フォロワーの数も多かったりするのでしっかり確認する必要があります。

 

見分ける方法としては、以下がポイントです。

 

・きちんとした情報のツイートがされている

・インフルエンサーの方もフォローしている

・URLが不自然じゃない

 

Googleで検索したときに「詐欺サイトがトップに表示されている」なんてこともあるのでURLがおかしいと思ったら、一度調べるようにしましょう。

 

知らない人からDMは開かない

 

DMを解放していたり、NFTのことを発信していると全く知らない人から、親切なフリして話を持ち掛けてきます。

 

話にのってしまいウォレットを繋いだり、パスワードなど教えてしまうと中身を盗まれてしまいます。

 

基本的には、DMで贈られてくるものは全て詐欺!と思っていた方が安心です。

 

MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

 

MetaMaskなど、ウォレットのシードフレーズやパスワードは、アカウントの復元に使用することができるものです。

 

これを教えてしまうと、中身を全部抜き取られます。

 

基本的にパスワードなど聞かれることはないので、絶対に誰にも見せない!教えない!ようにしてください。

 

ハードウェアウォレットを使用する

 

他に対策はないの?お金がかかってもいいからもう少し対策をしたい!という方は 暗号通貨ハードウェアウォレットがおすすめです。



暗号資産(仮想通貨)やNFTなど、所有している資産を外部からの攻撃を防いでくれます。

 

ねとまる
せっかく高いお金を出して買ったNFTが盗まれたら悲しいですよね。

 

価格も1万円程と決して安くはないですが、買ったものや資産が盗まれるよりはマシだと思います。

 

まとめ

 

今回は「メタバースプラットフォームのおすすめ3選」について紹介しました。

 

メタバースは、バズワードと言われるほど注目をされているプロジェクトです。

 

大手企業も続々と参入していることから、知っておいて損はないと思います。

 

また、イベントなども定期的に開かれているので、気になるイベントがあれば参加してみてはいかがでしょうか?

 

  本記事の振り返り

・メタバースとは?

・メタバースプラットフォームおすすめ3つ

・NFTを購入した後の注意点

 

また、メタバースを楽しむために国内の暗号資産取引所口座が必要なプラットフォームもあるので、先に口座開設しておくことで必要なときにスムーズに始められますよ。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはコインチェックです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

10分程で簡単に開設できるのでサクッと済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/
コインチェック

 

【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】

 

Coincheckサムネ
参考【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】

続きを見る

 

 

今回は以上です。

-Metaverse, NFT