NFT NFTアート

【NFTアート】Generativemasksの買い方【初心者向け】

Generativemasks
悩みを抱えている人
話題のGenerativemasksを買いたいのですが、買い方がわかりません。詳しく教えて欲しいです。

 

上記お悩みを解決します。

 

  本記事の内容

・Generativemasks(ジェネラティブマスク)とは?

・コインチェックNFTβ版のGenerativemasksの買い方

・OpenSeaにあるGenerativemasksの買い方

・NFTを購入した後の注意点

 

こんにちは、ねとまるです。

 

話題のNFT「Generativemasks」の買い方が分からなくて、悩んでいませんか?

 

Generativemasksは、2021年8月に販売され、わずか2時間ほどで完売したことで話題となりました。

 

この記事では、コインチェックNFTβ版でGenerativemasksを購入する手順を解説します。

 

一緒に操作を進めながら、最後まで見て頂くことで無事に買えるようになりますよ。

 

またGenerativemasksのNFTを購入するには国内の暗号資産取引所口座が必要となります。

 

国内の取引所 おすすめはコインチェックです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

10分程で簡単に開設できるのでサクッと済ませておきましょう。

 

\ 1500円分のBTCがもらえる /

 

Generativemasks(ジェネラティブマスク)とは?

販売数10,000体
販売日2022年8月17日
総取引量3,012ETH(日本円で約639,812,349円)
最低価格0.08ETH(日本円で約16,982円)
公式サイトGenerativemasks
公式Twitter@generativemasks
DiscordGenerativemasks
OpenSeaGenerativemasks

※2023年1月23日時点

 

Generativemasksとは、高尾俊介氏らによる日本発のジェネラティブアートNFTで、2021年8月に販売され、わずか2時間ほどで完売したことで話題となりました。

 

ジェネラティブアートとは、アルゴリズムや数学的な方法で自動的に作られる仕組みのことで、Generativemasksもこの仕組みを利用して異なる配色のマスクを制作されています。

 

Generativemasks公式サイトで詳しく書かれているので、のぞいてみてください。

 

また、Generativemasksホルダーの方は、メタバース「Decentraland」で使用できるウェアラブルマスクの配布や展示も行っています。

 

【メタバース】Decentraland(ディセントラランド)始め方と遊び方

 

そんな、日本発のNFTアートGenerativemasksがOpenSeaだけでなくコインチェックNFTβ版でも購入できるようになりましたので、次項では購入方法を紹介します。

 

コインチェックNFTβ版のGenerativemasksの買い方

 

コインチェックNFTβ版でGenerativemasksを購入する方法は以下の2ステップ。

 

STEP1:コインチェックで口座開設

STEP2:コインチェックNFTβ版にログインして購入

 

順番にみていきますね。

 

STEP1:コインチェックで口座開設

 

コインチェックNFTβ版でGenerativemasksを購入するにはコインチェックの口座開設が必要となります。

 

まだの方は、無料で口座開設できるので先に済ませておいてください。

 

 

STEP2:コインチェックNFTβ版にログインして購入

 

口座開設ができたら、コインチェックNFTβ版公式サイトに入り、Generativemasksを購入してみましょう。

 

購入方法は【簡単】CoinchekNFT(β版)の始め方と買い方【画像付き】を参考にしてください。

 

また、マスク所有者には近日3DGenerativemasksがエアドロップされるようです。

 

OpenSeaにあるGenerativemasksの買い方

 

OpenSeaからGenerativemasksページに入ります。

Generativemasks

 

下にスクロールするとGenerativemasksが一覧で表示され「Buy Now」にチェックを入れることで、今すぐ買えるGenerativemasksが表示されます。

BUY NOW

 

欲しいGenerativemasksを選び「Add to cart」を押すことで、購入することができます。

Add to cart

 

Generativemasks NFTを購入した後の注意点

 

NFTを購入したあとは、詐欺にあわないように気を付けなければいけません。

 

残念ながら、日本人を狙った詐欺が日々たくさんあります。

 

一度盗まれたりすると、基本的に二度と元に戻ってきません。

 

  詐欺にあわない為に

・正式な公式サイトから入る

・知らない人からのDMは開かない

・MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

・ハードウェアウォレットを使用する

 

順番に見ていきましょう。

 

正式な公式サイトから入る

 

正式な公式サイトから入り、NFTを購入しましょう。

 

中には、URLを1文字だけ似たものに変えていたり、公式でもないのに公式を示すチェックマークが入っていたりします。

 

また、フォロワーの数も多かったりするのでしっかり確認する必要があります。

 

見分ける方法としては、以下がポイントです。

 

・きちんとした情報のツイートがされている

・インフルエンサーの方もフォローしている

・URLが不自然じゃない

 

Googleで検索したときに「詐欺サイトがトップに表示されている」なんてこともあるのでURLがおかしいと思ったら、一度調べるようにしましょう。

 

知らない人からDMは開かない

 

DMを解放していたり、NFTのことを発信していると全く知らない人から、親切なフリして話を持ち掛けてきます。

 

話にのってしまいウォレットを繋いだり、パスワードなど教えてしまうと中身を盗まれてしまいます。

 

基本的には、DMで贈られてくるものは全て詐欺!と思っていた方が安心です。

 

MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

 

MetaMaskなど、ウォレットのシードフレーズやパスワードは、アカウントの復元に使用することができるものです。

 

これを教えてしまうと、中身を全部抜き取られます。

 

基本的にパスワードなど聞かれることはないので、絶対に誰にも見せない!教えない!ようにしてください。

 

ハードウェアウォレットを使用する

 

他に対策はないの?お金がかかってもいいからもう少し対策をしたい!という方は 暗号通貨ハードウェアウォレットがおすすめです。



暗号資産(仮想通貨)やNFTなど、所有している資産を外部からの攻撃を防いでくれます。

 

ねとまる
せっかく高いお金を出して買ったNFTが盗まれたら悲しいですよね。

 

価格も1万円程と決して安くはないですが、買ったものや資産が盗まれるよりはマシだと思います。

 

まとめ

 

今回は「Generativemasksの買い方」について紹介しました。

 

今後の最新情報が知りたい方はGenerativemasks(@generativemasks)のTwitterフォローとロードマップをチェックしておくことをおすすめします。

 

  本記事の振り返り

・Generativemasksとは?

・コインチェックNFTβ版のGenerativemasksの買い方

・OpenSeaにあるGenerativemasksの買い方

・Generativemasks NFTを購入した後の注意点

 

またGenerativemasksのNFTを購入するには国内の暗号資産取引所口座が必要となります。

 

国内の取引所 おすすめはコインチェックです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

10分程で簡単に開設できるのでサクッと済ませておきましょう。

 

\ 1500円分のBTCがもらえる /コインチェック

 

 

今回は以上です。

-NFT, NFTアート