NFTアート

【NFTアート】Poubelle(プベル)の買い方【初心者向け】

Poubelle
悩みを抱えている人

話題のPoubelle(プベル)を買いたいのですが、買い方がわかりません。詳しく教えて欲しいです。

 

上記お悩みを解決します。

 

  本記事の内容

・Poubelle(プベル)とは?

・OpenseaでPoubelleを購入する手順

 

こんにちは、ねとまるです。

 

話題の「Poubelle(プベル)」の買い方が分からなくて、悩んでいませんか?

 

この記事では、NFTを買うのが初めての方でもわかるように、Openseaで販売されるPoubelleの購入手順を解説します。

 

一緒に操作を進めながら、最後まで見て頂くことで無事に買えるようになります。

 

また、PoubelleのNFTを購入するには、国内の暗号資産取引所口座が必要となります。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはイーサリアムが取引所で買えるbitFlyerです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

口座開設がまだの方は10分程で完了するので、サクッと口座開設を済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/

 

Poubelle(プベル)とは?

 

Poubelle(プベル)とは、キングコング西野亮廣氏 (@nishinoakihiro)が監修のNFTプロジェクトで、ゴミをモチーフにしたキャラクターアイコンのNFTです。

 

Poubelleは、フランス語で「ゴミ箱」と言う意味があり、真ん中の“b”を“p”にすると「プペル」になります。

 

8月29日19時から毎日1体ずつ(日曜日は販売なし)オークション形式で販売され、1週間毎に販売されるモンスターの種類が変わります。

 

第一弾は「空き缶」をモンスター化させた「KAN」を販売。

 

第二弾は「かじられたリンゴ」のモンスター「ガブリエル」が販売されます。

 

 

価格は、0.01ETH(2022年8月26日時点の日本円で約2200円~)から開始です。

 

どういう経緯で「Poubelle」が誕生したのか詳しく知りたい方はCHIMNEYTOWN公式サイトでご覧いただけます。

 

OpenseaでPoubelleを購入する手順

 

Poubelleの買い方を下記4ステップで解説します。

 

  Poubelleの買い方 4ステップ

STEP1:bitFlyerの口座開設をする

STEP2:Metamaskの作成とイーサ(ETH)を送金

STEP3:Openseaのアカウント登録とMetamaskを接続

STEP4:Poubelleを購入する

 

順番に解説しますね。

 

STEP1:bitFlyerの口座開設をする

 

まず始めに、暗号資産を取り扱っている口座がないと購入できません。

 

作成がまだの方は、10分程で簡単に開設できるのでサクッと済ませましょう。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはイーサリアムが取引所で買えるbitFlyerです。

 

無料で口座開設ができて、アプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

口座開設のやり方が分からない方は【簡単10分】ビットフライヤーで口座開設する方法【5ステップ】をご覧ください。

 

なおコインチェックを利用して口座開設をされる方は【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】を参考にしてください。

 

STEP2:MetaMaskの作成とETH(イーサ)を送金

 

次に、Metamaskを作成して、仮想通貨のイーサ(ETH)を必要な分だけ購入し送金します。

 

MetaMaskとは、財布のような役割を果たしてくれるウォレットのことです。

 

作成のやり方が分からない方は、下の記事からスムーズに作成できます。

 

MetaMask(メタマスク)の作成と仮想通貨を送金する方法【画像付き】

 

STEP3:Openseaのアカウント登録とMetamaskを接続

 

次に、Openseaでアカウント登録をしてMetamaskと接続します。

 

Openseaの始め方とMetamaskとの接続は下の記事で解説しています。

 

OpenSea(オープンシー)の始め方とMetaMaskを接続する方法

 

Openseaは世界中のNFTが販売されているマーケットプレイスで、登録することでNFTアートの売買ができるようになります。

 

STEP4:Poubelleを購入する

 

Poubelleの購入方法は、オークション形式になっています。

 

オークション形式で購入するには、現在の「ETH」を「WETH」に変換しなければいけません。

 

まずは、変換する作業から進めますね。

 

ETHをWETHに変換する

 

OpenSeaのPoubelleページに入ります。

OpenSea Poubelle

 

右上の「財布アイコン」を押して「MetaMask」に接続します。

OpenSea Wallet

 

ETHの欄に黒い点が3つあるところをクリック。

MeaMask 詳細ボタン

 

Wrap」を選択。

Wrap

 

「ETH」を「WETH」に交換できるようになるので、交換したい数量を入力して「Wrop ETH」を押す。

Wrap ETH

 

ねとまる

この時、ガス代(手数料)がかかるので、ETHを少し残しておきましょう。

 

その後、MetaMaskで署名を求められるので確認して変換が完了します。

 

変換したWETHの確認方法は、右上の財布アイコンを押すと確認できます。

ふく先生

 

PoubelleのNFTアートをOfferする

 

Poubelleページに戻り、欲しいNFTを選択。

イラスト選択

Meke Offer」を押す。

Make Offer

 

オファーする金額を入力して、注意事項にチェックを入れ「申し出をする」をクリック。

 

MetaMaskが立ち上がるので、確認→署名と進むことでOfferが完了します。

 

Offerの確認は、OfferしたNFTページの「Offers」に記載されています。

 

オークションの時間は22時に販売され、24時間で終了するので、あとは待つだけです。

 

まとめ

 

今回は「Poubelle(プベル)の買い方」について紹介しました

 

Poubelleは、一度にまとめて販売するのではなく、オークション形式で1日に1体販売されるという新しい試みで面白いですよね。

 

しかも、第一弾、第二弾、と毎週販売されるモンスターが変わります。

 

西野さんのプロジェクトということで、競争率はかなり高そうですが、始めてのNFT購入に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

  本記事の振り返り

・Poubelle(プベル)とは?

・OpenseaでPoubelleを購入する手順

 

また、PoubelleのNFTを購入するには、国内の暗号資産取引所の口座が必要となります。

 

国内の暗号資産口座 おすすめはイーサリアムが取引所で買えるbitFlyerです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

口座開設がまだの方は10分程で完了するので、サクッと口座開設を済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/

bitFlyer

 

 

今回は以上です。

-NFTアート