NFT

PolygonでOpenSeaのNFT作品を買う方法【6ステップ】

polygon OpenSea サムネ
悩みを抱えている人

PolygonでOpenSeaのNFT作品を買いたいのですが、買い方がわかりません。できるだけわかりやすく教えて欲しいです。

 

上記お悩みを解決します。

 

  本記事の内容

・PolygonネットワークからOpenseaのNFT作品を買う方法

 

こんにちは、ねとまるです。

 

NFT作品を買いたいけど、なんだか難しそう・・・スマホで買えないかな?と悩んでいませんか?

 

この記事では、Polygonネットワークを利用してOpenseaに出品しているNFTアートを購入するやり方をスクショ画面を見ながら解説します。

 

僕も実際にMetaMaskのPolygonネットワークを利用して、手数料(ガス代)を安く抑えて、NFT作品を買うことができました。

 

一緒に操作を進めながら、記事を最後まで読ことで無事に買うことができるようになりますよ。

 

また、OpenseaでNFTを購入するには、国内の暗号資産取引所の口座が必要となります。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはbitFlyerです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

口座開設がまだの方は10分程で完了するので、サクッと口座開設を済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/

 

PolygonネットワークからOpenseaのNFT作品を買う方法

 

  NFT作品を買う 6ステップ

STEP1:国内取引所で暗号資産を用意する

STEP2:MetaMaskの作成

STEP3:ETH(イーサ)をMetaMaskに送金

STEP4:MetaMaskにPolygon(Maticネットワークを追加)

STEP5:Polygon(Maticネットワーク)へブリッジする

STEP6:OpenSeaでNFT作品を買う

 

順番に説明しますね。

 

ねとまる

すでに、完了しているところは読み飛ばしてください。

 

STEP1:bitFlyerの口座開設をする

 

まず始めに、暗号資産を取り扱っている口座がないと購入できません。

 

作成がまだの方は、10分程で簡単に開設できるのでサクッと済ませましょう。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはイーサリアムが取引所で買えるbitFlyerです。

 

無料で口座開設ができて、アプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

口座開設のやり方が分からない方は【簡単10分】ビットフライヤーで口座開設する方法【5ステップ】をご覧ください。

 

なおコインチェックを利用して口座開設をされる方は【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】を参考にしてください。

 

STEP2:MetaMaskの作成

 

Metamaskウォレットを利用するので、作成しておきましょう。

 

Metamaskの作成がまだの方は下の記事からどうぞ。

 

ねとまる

Metamaskとは、イーサリアム系を取引するために必要なウォレットです。Metamaskにイーサリアムを入れておくことで財布のような役割を果たし決済をする時に必須となります

 

STEP3:ETH(イーサ)をMetaMaskに送金

 

ETHの購入ができたらMetaMaskに送金しましょう。

 

送金する時に気をつけること

・MetaMaskのネットワーク設定は「Ethereum Main Network」のままにする

・初めての送金は、最低額からテスト送金する。

もし、アドレスなど間違っていたら送金したお金は闇の中へ消えていき二度と戻ってきません。

・手数料(ガス代)を考えて多めに送金する

 

MetamaskにETHが送金されていたら下の画像のように表示されていると思います。

ETH 画面

 

STEP4:MetaMaskにPolygon(Maticネットワークを追加)

 

次は、Metamaskの画面で操作をします。

 

MetaMaskにPolygon(Maticネットワーク)を追加します。

 

MetamaskにPolygonを追加するやり方は、下の記事で解説しています。

MetaMaskにPolygon(Matic)を接続する方法【画像付き】

 

MetamaskにPolygonを追加できたら次に進みます。

 

STEP5:Polygon(Maticネットワーク)へブリッジする

 

現在「Ethereum Main netwaork」にあるETH(イーサ)を「Polygon(Matic)ネットワーク」に移動させます。

 

移動させることをブリッジと言います。

ふく先生

 

MetaMaskのアプリを開いて、左上の「三本線」をタップ。

MetaMask 左上三本線

 

メニューの中から「ブラウザー」をタップ。

MetaMask ブラウザー

 

ブラウザーを開いたら検索窓に「Matic web wallet v2」と入力。

MetaMask 検索

 

MetaMask」を選んでタップ。

MetaMask Polygon

 

ねとまる

ネットワークはEthereum Main netwaorkのままにしておきます。

 

このメッセージに署名しますか?」と聞かれるので「署名」をタップ

このメッセージに署名しますか?

 

Polygonのサイトが開いたら赤枠で囲っているところをタップ。

Polygon

 

Polygon Bridge」をタップ。

Polygon Bridge

 

下の画面になったらETHからPolygonへ送金します。

 

まずは、送金したい「ETHの数量」を入力して「Transfer]タップ。

Polygon ETH 入力

 

Continue」タップ。

Important Continue

 

ここで、EthereumからPolygonに送金するときにかかるガス代がいくらぐらいなのかわかります。

 

確認したら「Continue」タップ。

Transfer Overview

 

ねとまる

ちなみにこの時のガス代は日本円にすると約3400円ほどでした。

 

手数料は曜日や時間帯で変動するようです。

ふく先生

 

ETHのネットワークからPolygonのネットワークへ移動させるので「Continue」タップ。

Confirm Transfer

 

この画面で確定したガス代と合計金額が表示されるので「確認」をタップ。

送金確認画面

 

確認をタップすると移行が始まり「トランザクション#0が完了しました」と表示されます。

トランザクション

 

完了画面のあとピースをしている画面になり移行が完了しました。

Transfer in Progress

 

PolygonネットワークにEthereumネットワークから移行されているか確認します。

 

MetaMaskのウォレット画面に戻り、ウォレットの下に表示さている「Ethereum Main NetWork」タップ。

Ethereum ネットワーク

 

Polygon Pos (Matic)Mainnet」と表示されているのでタップ。

Polygonネットワーク切り替え

 

Polygonネットワークに切り替えたらトークンを追加する

 

今の状態では、ブリッジしたETHが届いているのに、MetaMaskに表示されていない状態なので表示させます。

ふく先生

 

Polygonネットワークのウォレット画面から左上「三本線」をタップ。

Polygon ウォレット 三本線

 

ブラウザーからさっきと同じPolygon(Matic web wallet v2で検索)を開き右上の赤枠をタップ。

Polygon メニュー

 

Polygon Wallet」をタップ。

Polygon Wallet

 

さっきブリッジしたETHが表示されているのを確認してタップ。

 

そして「MetaMask」が表示されているのでタップ。

Polygon Wallet MetaMask

 

このトークン追加しますか?」聞かれるので「トークンの追加」をタップ。

Polygon トークン追加

 

ウォレットに戻って画面を確認すると無事にトークンが追加され、ブリッジしたETHも表示されました。

Polygon Wallet トークン表示

 

STEP6:OpenSeaでNFT作品を買う

 

いよいよ、PolygonネットワークにブリッジしたETHが送金されたので、OpenSeaでNFT作品を買ってみましょう。

 

OpenSeaのアカウント作成がまだの方は下の記事から作成を済ませてください。

OpenSea(オープンシー)の始め方とMetaMaskを接続する方法

 

MetaMaskから左上の「三本線」をタップ。

Polygon ウォレット 三本線

ブラウザー」をタップ。

Polygonネットワーク ブラウザー

 

OpenSea」と入力して検索をします。

MetaMask ブラウザー OpenSea

 

ねとまる

今回はPixel Heroes Xが欲しいので、実際に購入した手順を紹介していきますね。

 

右上の「三本線」をタップ。

Polygonネットワーク OpenSea メニュー

 

検索窓に買いたい作品の名前を入力します。

 

Pixel Heroes Xが欲しいので「Pixel Heroes X」と入力して検索。

OpenSea 検索

 

Pixel Heroes X」が表示されたのでタップ。

OpenSea Pixel Heroes X

 

Pixel Heroesの作品が一覧で表示されるので、その中から買いたい作品をタップします。

 

欲しい作品が決まったら「Buy now」をタップ。

Pixel Heroes Buy now

 

Polygonネットワークであるにも関わらず「ネットワークを切り替えて」と表示されて先に進めなかった場合は、アプリを1回落として再起動してからもう一度同じ手順を試してみてください。

Polygon Switch network

 

ねとまる

僕はこの方法でいけました。

 

購入画面になり、下へスクロールして「」にチェックいれます。

This is an unreviewed colllection

 

Buy checking this box~」と表示されるのでここもチェック。

Complete checkout

 

Confilm checkout」をタップ。

Confilm checkout

 

このメッセージに署名しますか?」と聞かれるので「署名」をタップ。

このメッセージに署名しますか?

 

Unlock」をタップ。

Unlock currency

 

また「このメッセージに署名しますか?」と聞かれるので「署名」をタップ

Polygon このメッセージに署名しますか?

 

Transaction successful!」と表示されるので「Sign」をタップ。

Complete checkout Sign

 

最後に「署名」をタップして購入完了です。

Sign 署名

 

無事に購入完了すると、下の画像のようにメールが届きます。

X hero 653

これで、NFT作品の購入をすることができました!

 

ちゃんと「Owned by you」になっていますね!

X hero 653 Owned by you

 

ねとまる

おつかれさまでした。

 

まとめ

 

今回は「【スマホ版】PolygonでOpenSeaのNFT作品を買う方法」について紹介しました。

 

スマホからNFT作品を買いたい!と思っていた方は、準備が整い次第すぐに買うことができますよ。

 

  この記事の振り返り

・国内取引所で暗号資産を用意する

おすすめはコインチェックbitFlyer

・MetaMaskの作成とETH(イーサ)の送金

・MetaMaskにPolygon(Maticネットワークを追加)

MetaMaskにPolygon(Matic)を接続する方法【画像付き】

・Polygon(Maticネットワーク)へブリッジする

・OpenSeaでNFT作品を買う

OpenSea(オープンシー)の始め方とMetaMaskを接続する方法

 

NFT作品を買うまでにいくつかやるべきことはありますが、ひとつずつ順番にこなしていくことで、欲しい作品をGETすることができますよ。

 

ねとまる

実際にGETしてアイコンにするほど今では愛着がわいています。

 

購入できるまで大変でしたが、買ってみて良かったです。

 

ちなみに、購入したNFT作品はMetaMaskに表示させることができます。

 

【スマホ版】MetaMaskにNFTを追加して表示させる方法

 

また、NFTアートの購入にはイーサリアムという通貨が必要になるので、国内の暗号資産取引所口座を開設しておきましょう。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはbitFlyerです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

口座開設がまだの方は10分程で完了するので、サクッと口座開設を済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/

bitFlyer

 

 

今回は以上です。

-NFT