暗号資産 買い方 暗号資産(仮想通貨)

【簡単】PancakeSwapでBNBをGMINESに交換する方法【画像付き】

PancakeSwap GMINES スワップ
悩みを抱えている人
PancakeSwapを使ってBNBをGMINESv2に交換する方法がわかりません。やり方を教えて欲しいです。

 

上記お悩みにお答します。

 

本記事の内容

・PancakeSwapを使ってBNBからGMINESv2にスワップする方法

・MetamaskにGMINESv2トークンを追加

・NFTを購入した後の注意点

 

こんにちは、ねとまるです。

 

暗号資産BNBからGMINESv2に交換する方法が分からなくて悩んでいませんか?

 

この記事では、BNBからGMINESv2に交換するやり方をパソコンの画面で解説します。

 

GMINESはハッキングを受けたため、GMINESv2に以降されました。
先生

 

最後まで見て頂く事で、交換のやり方がわかるようになりますよ。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\ 無料で口座開設する /

 

PancakeSwapを使ってBNBからGMINESv2にスワップする方法

 

PancakeSwapを使ってBNBからGMINESv2に交換するやり方を解説していきます。

 

ねとまる
GMINESはハッキングを受けたみたいで、GMINESv2に変更されました。

 

PancakeSwapに入り、右上の「Connect Wallet」をクリック。

PancakeSwap

 

キツネアイコンの「Metamask」を選択して「Learn How to Connect」をクリック。

Lean How to Connect

 

Metamaskを使用して接続」を聞かれるので「次へ」をクリック。

Pankake Swap Metamask

 

Accountに接続」を聞かれるので「接続」をクリック。

PancakeSwap アカウント 接続

 

ネットワーク追加を許可しますか?」聞かれるので「承認」をクリック。

PancakeSwap ネットワーク追加 許可

 

このサイトによるネットワークの切り替えを許可しますか?」聞かれるので「ネットワークを切り替える」をクリック。

ネットワークの切り替え 許可

 

右上に自分のウォレットアドレスが表示されたら接続完了です。

コネクト完了

 

次に、左上にある「Trade」をクリック。

Trade選択

 

Swap」を選択。

Swap選択

 

画面右側にある「Swap」と書いているところで交換します。

 

BNB」から「GMINESv2」に交換するので、上が「BNB」下が「GMINESv2」にする。

GMINES トークン追加

 

GMINESv2」が表示されない時は、コントラクトアドレスをコピーして入力してください。

コントラクトアドレス:0xDFB1039Ee2896584074Ec1C610c058b44d8693f9

 

注意が表示されるので内容を理解したら、左下のチェックボックスにチェックを入れて「Import」をクリック。

import

 

これで、Swapができる状態になったので、交換したい数量を入力して「Swap」をクリック。

Swap

 

ねとまる
上のBNBに数値を入力すると、自動的に下のGMINESv2に交換する数量が反映されます。

 

ガス代など、内容に問題がなければ「Confirm Swap」をクリック。

Confirm Swap

 

Metamaskが開くので「確認」をクリック。

Metamask 確認

 

これで購入は完了ですが、トークンをMetamaskに追加していないので「Add GMINESv2 to Metamask」をクリック。

Metamask トークン追加

 

トークンを追加」をクリックして完了です。

推奨されたトークンを追加

 

MetamaskにGMINESトークンを追加

 

Metamaskからトークンを追加する方法も解説しておきますね。

 

Metamaskを開いて「トークンをインポート」をクリック。

トークンをインポート

 

トークンコントラクトアドレス」を入力して「カスタムトークンを追加」をクリック。

トークンインポート

 

GMINESv2コントラクトアドレスをコピーして入力してください。

コントラクトアドレス:0xDFB1039Ee2896584074Ec1C610c058b44d8693f9

 

GMINESv2トークンが表示されるので「トークンをインポート」をクリック。

 

Metamaskに「GMINESv2」が表示され、交換した「GMINESv2」も反映されているのが確認できました。

トークン確認

 

ねとまる
おつかれさまでした。

 

NFTを購入した後の注意点

 

NFTを購入したあとは、詐欺にあわないように気を付けなければいけません。

 

残念ながら、日本人を狙った詐欺が日々たくさんあります。

 

一度盗まれたりすると、基本的に二度と元に戻ってきません。

 

  詐欺にあわない為に

・正式な公式サイトから入る

・知らない人からのDMは開かない

・MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

・ハードウェアウォレットを使用する

 

順番に見ていきましょう。

 

正式な公式サイトから入る

 

正式な公式サイトから入り、NFTを購入しましょう。

 

中には、URLを1文字だけ似たものに変えていたり、公式でもないのに公式を示すチェックマークが入っていたりします。

 

また、フォロワーの数も多かったりするのでしっかり確認する必要があります。

 

見分ける方法としては、以下がポイントです。

 

・きちんとした情報のツイートがされている

・インフルエンサーの方もフォローしている

・URLが不自然じゃない

 

Googleで検索したときに「詐欺サイトがトップに表示されている」なんてこともあるのでURLがおかしいと思ったら、一度調べるようにしましょう。

 

知らない人からDMは開かない

 

DMを解放していたり、NFTのことを発信していると全く知らない人から、親切なフリして話を持ち掛けてきます。

 

話にのってしまいウォレットを繋いだり、パスワードなど教えてしまうと中身を盗まれてしまいます。

 

基本的には、DMで贈られてくるものは全て詐欺!と思っていた方が安心です。

 

MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

 

MetaMaskなど、ウォレットのシードフレーズやパスワードは、アカウントの復元に使用することができるものです。

 

これを教えてしまうと、中身を全部抜き取られます。

 

基本的にパスワードなど聞かれることはないので、絶対に誰にも見せない!教えない!ようにしてください。

 

ハードウェアウォレットを使用する

 

他に対策はないの?お金がかかってもいいからもう少し対策をしたい!という方は 暗号通貨ハードウェアウォレットがおすすめです。



暗号資産(仮想通貨)やNFTなど、所有している資産を外部からの攻撃を防いでくれます。

 

ねとまる
せっかく高いお金を出して買ったNFTが盗まれたら悲しいですよね。

 

価格も1万円程と決して安くはないですが、買ったものや資産が盗まれるよりはマシだと思います。

 

まとめ

 

今回は「PancakeSwapでBNBをGMINESv2にスワップ(交換)する方法」について紹介しました。

 

NFTゲームを始めるときに使うことが多いので、ブックマークしておくと便利です。

 

本記事の内容

・PancakeSwapを使ってBNBからGMINESv2にスワップする方法

・MetamaskにGMINESv2トークンを追加

・NFTを購入した後の注意点

 

\ 無料で口座開設する /
コインチェック

 

 

今回は以上です。

-暗号資産 買い方, 暗号資産(仮想通貨)