Market Place NFT

OpenSea(オープンシー)の始め方とMetaMaskを接続する方法

OpenSea 始め方 サムネ
悩みを抱えている人
OpenSeaの始め方とMetaMaskとの接続方法が知りたいです。

 

上記お悩みを解決します。

 

  本記事の内容

・OpenSeaの始め方とMetaMaskを接続する方法

・Openseaのプロフィール(アイコン)入力方法

・OpenSeaアプリと接続する方法

・NFTを購入した後の注意点

 

こんにちは、ねとまるです。

 

OpenSeaの始め方とMetaMaskを接続するやり方が分からなくて悩んでいませんか?

 

この記事では、Openseaの始め方からMetamaskを接続する方法まで、画像付きで紹介します。

 

この記事を見ながら一緒に操作を進めることで、迷わずに始めることができますよ。

 

また、Openseaを利用してNFTを購入するには、国内の暗号資産取引所口座が必要となります。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはbitFlyerです。

 

NFTアートの購入に必要なETH(イーサリアム)を取引所で購入できるので、手数料の無駄を減らすことができます。

 

最短10分程で簡単に開設できるので、サクッと済ませておいてください。

 

bitFlyerでNFTを始める方は下の記事で解説しています。

 

【NFTの始め方】ビットフライヤーで登録から出品・購入方法を解説

 

OpenSeaの始め方とMetaMaskを接続する方法

 

Metamaskのブラウザーを使ってOpenSeaの登録をするので、MetaMaskの作成がまだの方は下の記事から作成を済ませておいてください。

 

MetaMask(メタマスク)の作成と仮想通貨を送金する方法【画像付き】

 

それでは、説明をしていきますね。

 

まずは、MetaMaskのアプリを開いて、左上にある「三本線」をタップ。

MtaMask 三本線

 

メニューの中にある「ブラウザー」を選択。

MtaMask ブラウザー

 

検索窓に「https://opensea.io」をコピーして入力し検索。

MetaMask ブラウザー 入力

 

OpenSeaが開いたら右上の「三本線」をタップ。

OpenSea 三本線

 

下までスクロールして「Connectwallet」をタップ。

OpenSea Connect wallet

 

キツネアイコンの「MetaMask」をタップ。

OpenSea MetaMask

 

MetaMaskのアプリが起動しOpenSeaとの接続は完了です。

MtaMask 画面

 

ねとまる
ここまでが、OpenSeaとMetaMaskの接続方法です。

 

Openseaのプロフィール(アイコン)を変更するやり方

 

次に、Openseaのアイコンとプロフィールの入力も合わせてしておきます。

 

ブラウザーから「OpenSea」を開いて右上の「三本線」をタップ。

OpenSe 右上三本線

 

次に「Account」をタップ。

OpenSea アカウント

 

profile」をタップ。

OpenSe Profile

 

まずは、アイコンを変えていきますね。

 

アイコン」をタップ。

OpenSea アイコン

 

このメッセージに署名しますか?」と聞かれるので「署名」をタップ。

OpenSea 署名

 

次にプロフィールを変更していきます。

 

プロフィールページにある「歯車」アイコンをタップ。

OpenSea 設定

 

プロフィールを入力していきます。

OpenSe Profile 入力

 

Profile Save

 

  • Username:名前(SNSと同じがおすすめ)
  • Bio:経歴(任意)
  • Email Address:メールアドレス
  • Links:Twitter・Instagram・Webサイト
  • Wallet Adress:MetaMaskのアドレス(自動入力)
  • Profile Image:アイコン
  • Profile Banner:プロフィール上部の背景

 

届いたメールを確認して「VERIFY MY EMAIL」をタップしてください。

VERIFY MY EMAIL

 

下のような画面になったらプロフィールの登録完了です。

Profile 登録完了

 

さっそくOpenseaで話題のNFTアートを購入してみましょう。

 

日本発のNFTアートコレクションおすすめ10選【買い方も合わせて解説】

 

OpenSeaアプリと連携する方法

 

OpenSeaのアプリからは閲覧しかできないけど、いつか購入や出品ができるようになったときのために連携の方法もご紹介しておきます。

 

まずは、アプリをダウンロードします。

OpenSea: NFT marketplace

OpenSea: NFT marketplace
開発元:Ozone Networks, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

アプリを開いたら「Continue」をタップ。

OpenSea Continue

 

下のバーから「Profile」をタップして「MetaMask」を選択。

Connect with wallet

 

このサイトに接続しますか?」聞かれるので「接続」をタップします。

 

画面下に「接続しました」と表示されたらOKです。

OpenSea MetaMask 接続完了

 

OpenSea」のアプリから「Profile」をタップしてみて、アイコンが自分のものになっていたら無事に連携できています。

OpenSe Profile 確認

 

ねとまる
お疲れさまでした。

 

NFTを購入した後の注意点

 

NFTを購入したあとは、詐欺にあわないように気を付けなければいけません。

 

残念ながら、日本人を狙った詐欺が日々たくさんあります。

 

一度盗まれたりすると、基本的に二度と元に戻ってきません。

 

  詐欺にあわない為に

・正式な公式サイトから入る

・知らない人からのDMは開かない

・MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

・ハードウェアウォレットを使用する

 

順番に見ていきましょう。

 

正式な公式サイトから入る

 

正式な公式サイトから入り、NFTを購入しましょう。

 

中には、URLを1文字だけ似たものに変えていたり、公式でもないのに公式を示すチェックマークが入っていたりします。

 

また、フォロワーの数も多かったりするのでしっかり確認する必要があります。

 

見分ける方法としては、以下がポイントです。

 

・きちんとした情報のツイートがされている

・インフルエンサーの方もフォローしている

・URLが不自然じゃない

 

Googleで検索したときに「詐欺サイトがトップに表示されている」なんてこともあるのでURLがおかしいと思ったら、一度調べるようにしましょう。

 

知らない人からDMは開かない

 

DMを解放していたり、NFTのことを発信していると全く知らない人から、親切なフリして話を持ち掛けてきます。

 

話にのってしまいウォレットを繋いだり、パスワードなど教えてしまうと中身を盗まれてしまいます。

 

基本的には、DMで贈られてくるものは全て詐欺!と思っていた方が安心です。

 

MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

 

MetaMaskなど、ウォレットのシードフレーズやパスワードは、アカウントの復元に使用することができるものです。

 

これを教えてしまうと、中身を全部抜き取られます。

 

基本的にパスワードなど聞かれることはないので、絶対に誰にも見せない!教えない!ようにしてください。

 

ハードウェアウォレットを使用する

 

他に対策はないの?お金がかかってもいいからもう少し対策をしたい!という方は 暗号通貨ハードウェアウォレットがおすすめです。



暗号資産(仮想通貨)やNFTなど、所有している資産を外部からの攻撃を防いでくれます。

 

ねとまる
せっかく高いお金を出して買ったNFTが盗まれたら悲しいですよね。

 

価格も1万円程と決して安くはないですが、買ったものや資産が盗まれるよりはマシだと思います。

 

まとめ

 

今回は「OpenSeaの始め方とMetaMaskとの接続方法」を紹介しました。

 

難しそうでしたが実際にやってみると、簡単に設定できましたね。

 

これでOpenSea内でNFT作品の出品や購入ができるようになりました。

 

さっそく、日本発のNFTアートを購入したい方は日本発のNFTアート作品おすすめ10選【買い方も合わせて解説】を参考にしてください。

 

    この記事の振り返り

・OpenSeaの始め方とMetaMaskを接続する方法

・Openseaのプロフィール(アイコン)入力方法

・OpenSeaアプリと接続する方法

・NFTを購入した後の注意点

 

また、Openseaを利用してNFTの売買をするには、国内の暗号資産取引所口座が必要となります。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはbitFlyerです。

 

NFTアートの購入に必要なETH(イーサリアム)を取引所で購入できるので、手数料の無駄を減らすことができます。

 

最短10分程で簡単に開設できるので、サクッと済ませておいてください。

 

bitFlyerでNFTを始める方は下の記事で解説しています。

 

【NFTの始め方】ビットフライヤーで登録から出品・購入方法を解説

 

 

今回は以上です。

 

※本サイトで掲載されている評価や感想等は、あくまでサイト運営者の主観であり、広告主に保証されたもではありません。

※暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じるリスクがあります。

お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

-Market Place, NFT