広告 NFT NFTアート

【NFTアート】NEOSTACKEY(ネオスタッキー)の買い方

悩みを抱えている人
話題のNEO STACKEYを買いたいのですが、買い方がわかりません。詳しく教えて欲しいです。

 

上記お悩みを解決します。

 

  本記事の内容

・NEO STACKEYとは?

・OpenseaにあるNEO STACKEYの買い方

・NEO STACKEY NFTを購入した後の注意点

 

  本記事の信頼性

本記事を書いている僕は2021年から暗号資産(仮想通貨)を運用し、NFTゲーム、NFTアートの情報を発信して最高月50万円を達成しています。

 

話題の「NEO STACKEY」NFTの買い方が分からなくて、悩んでいませんか?

 

この記事では、NFTを買うのが初めての方でもわかるように、購入する手順を解説します。

 

一緒に操作を進めながら、最後まで見て頂くことで無事に買えるようになりますよ。

 

また、NEO STACKEYのNFTを購入するには、国内の暗号資産取引所の口座が必要となります。

 

口座開設がまだの方は先に済ませておいてください。

 

コインチェック公式サイトをみてみる

 

Coincheckサムネ
参考【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】

続きを見る

 

NEO STACKEYとは?

販売数1,650体
販売日2022年11月26日
総取引量549ETH(日本円で約116,334,008.90円)
最低価格2.83ETH(日本円で約599,698.82円)
公式サイト-
公式Twitter@KzcHArt
DiscordSTART JPN
OpenSeaNEOSTACKEY

※2023年1月23日時点

 

NEO STACKEYとは、STARTコミュニティが運営し、リリースする「猿型宇宙生命体」のNFTコレクションです。

 

NEO SAMURAI MONKEYS×STARとの姉妹コレクションでもあります。

 

海外でもパートナーシップを結んでおり、今後海外展開やメタバースへの進出も予定されています。

 

ねとまる
デザインが海外にも受けそうな、細部までこだわった個性的なキャラクターですね。

 

Discordのコミュニティは、まもなく1万人に到達するほど注目度の高いプロジェクトです。

 

NEO STACKEY 運営チーム&セール情報

 

  NEO STACKEY 運営チーム

Founder:KOUSEI(@KzcHArt

Co-Founder:ONIちゃん(@oni_cyan_nft

Illustrator:shunbow(@shunbow_nft

marketing adviser:全力まん(@zenryoku_eth

 

  NEO STACKEY SALE情報

発行数:1,650体

Presale:11月26日 0.03ETH

Public:11月26日 0.05ETH

 

OpenseaにあるNEO STACKEYの買い方

 

NEO STACKEYの買い方を下記5ステップで解説します。

 

  NEO STACKEYの買い方 5ステップ

STEP1:コインチェックの口座開設をする

STEP2:コインチェックでETHを購入する

STEP3:Metamaskの作成とイーサ(ETH)を送金

STEP4:Openseaのアカウント登録とMetamaskを接続

STEP5:NEO STACKEY NFTを購入する

 

順番に解説しますね。

 

STEP1:コインチェックの口座開設をする

 

まず始めに、暗号資産を取り扱っている口座がないと購入できません。

 

作成がまだの方は、10分程で簡単に開設できるのでサクッと済ませましょう。

 

コインチェック公式サイトをみてみる

 

Coincheckサムネ
参考【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】

続きを見る

 

STEP2:コインチェックでETHを購入する

 

コインチェックでETH(イーサ)を必要な分だけ購入します。

 

ねとまる
決済するときに、ガス代(手数料)もかかるので、少し多めに購入しておきましょう。

 

ETHの買い方が分からない方は【簡単】コインチェックの入金方法とビットコインの買い方【初心者向け】をETHに置き換えて参考にしてください。

 

STEP3:Metamaskの作成とイーサ(ETH)を送金

 

Metamaskとは、財布のような役割を果たしてくれるウォレットです。

 

口座開設が完了したら、Metamaskを作成して仮想通貨のイーサ(ETH)を必要な分だけ購入し送金します。

 

作成のやり方が分からない方は、下の記事からスムーズに作成できます。

 

MetaMask(メタマスク)の作成と仮想通貨を送金する方法【画像付き】

 

STEP4:Openseaのアカウント登録とMetamaskを接続

 

次に、Openseaでアカウント登録をしてMetamaskと接続します。

 

Openseaの始め方とMetamaskとの接続は下の記事で解説しています。

 

OpenSea(オープンシー)の始め方とMetaMaskを接続する方法

 

Openseaは世界中のNFTが販売されているマーケットプレイスです。

 

ねとまる
NEO STACKEYもOpenseaで売買されています。

 

STEP5:NEO STACKEY NFTを購入する

 

準備ができたらOpenSeaのNEO STACKEYページに入ります。

opensea neostackey

 

下にスクロールするとNEO STACKEYが一覧で表示され「今すぐ購入/Buy Now」にチェックを入れることで、今すぐ買えるNEO STACKEYが表示されます。

opensea BUYNOW

 

欲しいNEO STACKEYを選び「Add to cart」を押すことで、購入することができます。

opensea 購入価格

 

購入価格やガス代など確認して、問題がなければ購入しましょう。

 

NEO STACKEY NFTを購入した後の注意点

 

NFTを購入したあとは、詐欺にあわないように気を付けなければいけません。

 

残念ながら、日本人を狙った詐欺が日々たくさんあります。

 

一度盗まれたりすると、基本的に二度と元に戻ってきません。

 

  詐欺にあわない為に

・正式な公式サイトから入る

・知らない人からのDMは開かない

・MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

 

順番に見ていきましょう。

 

正式な公式サイトから入る

 

正式な公式サイトから入り、NFTを購入しましょう。

 

中には、URLを1文字だけ似たものに変えていたり、公式でもないのに公式を示すチェックマークが入っていたりします。

 

また、フォロワーの数も多かったりするのでしっかり確認する必要があります。

 

見分ける方法としては、以下がポイントです。

 

・きちんとした情報のツイートがされている

・インフルエンサーの方もフォローしている

・URLが不自然じゃない

 

Googleで検索したときに「詐欺サイトがトップに表示されている」なんてこともあるのでURLがおかしいと思ったら、一度調べるようにしましょう。

 

知らない人からのDMは開かない

 

DMを解放していたり、NFTのことを発信していると全く知らない人から、親切なフリして話を持ち掛けてきます。

 

話にのってしまいウォレットを繋いだり、パスワードなど教えてしまうと中身を盗まれてしまいます。

 

基本的には、DMで贈られてくるものは全て詐欺!と思っていた方が安心です。

 

MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

 

MetaMaskなど、ウォレットのシードフレーズやパスワードは、アカウントの復元に使用することができるものです。

 

これを教えてしまうと、中身を全部抜き取られます。

 

基本的にパスワードなど聞かれることはないので、絶対に誰にも見せない!教えない!ようにしてください。

 

まとめ

 

今回は「NEO STACKEY(ネオスタッキー)の買い方」について紹介しました。

 

最新情報はSTART Community FounderであるKOUSEI(@KzcHArt)さんのTwitterフォローやDiscordに参加して、チェックしておきましょう。

 

ただし、投資は自己責任となりますので、余剰資金で楽しんでください。

 

それでは、STEP1に戻ってNEO STACKEYのNFTを購入してみましょう。

 

STEP1:暗号資産の口座開設に戻る

 

  本記事の振り返り

・NEO STACKEYとは?

・OpenseaにあるNEO STACKEYの買い方

・NEO STACKEY NFTを購入した後の注意点

 

また、NEO STACKEYのNFTを購入するには、国内の暗号資産取引所の口座が必要となります。

 

コインチェック公式サイトをみてみる

 

Coincheckサムネ
参考【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】

続きを見る

 

今回は以上です。

 

※本サイトで掲載されている評価や感想等は、あくまでサイト運営者の主観であり、広告主に保証されたもではありません。

※暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じるリスクがあります。

お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

netomaru

2021年10月開設|ブロガー|ブログ最高月50万円| 当サイトで使用する仮想通貨とは暗号資産のことを指しています| Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています

-NFT, NFTアート