NFTゲーム

【NFTゲーム】Labrado(ラブラド) の始め方と稼ぎ方

Labrado
悩みを抱えている人

Labradoを始めたいのですが、始め方がわかりません。詳しく教えて欲しいです。

 

上記お悩みを解決します。

 

本記事の内容

・Labradoとは?

・Labradoの始め方 【6ステップ】

・Labradoの稼ぎ方

・NFTを購入した後の注意点

 

こんにちは、ねとまるです。

 

Labradoの始め方と稼ぎ方が分からなくて悩んでいませんか?

 

この記事では、Labradoの始め方と稼ぎ方を初心者の方でも分かるようにゼロから解説します。

 

最後まで一緒に操作を進める事で、スムーズに始められますよ。

 

また、LabradoのNFT購入や稼いだ仮想通貨を日本円に換金するには、国内の暗号資産取引所口座が必要です。

 

今回は、XRP(リップル)の送金手数料が無料のbitFlyerを利用して進めます。

 

口座開設がまだの方は先に済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/

 

Labradoとは?

 

Labradoとは、戦略的なPVPバトルゲームで、バトルに勝利するとLBRDトークンを獲得します。

 

  Labrado内のトークンは以下の2つ

・LBRD:バトルに勝利して獲得でき、武器の強化などに使用できる

・EACX:ガバナンストークン

 

  LBRDコントラクトアドレス

BSC:0x84d8df3098243f5b30ebedbb9f982f4095f1a426

 

また、ゲームの出資には有名企業であるAnimoca BrandsとYield Guild Gamesから投資と支援を受けています。

 

Labradoの始め方 【6ステップ】

 

Labradoの始め方は、初心者の方でも分かるように「6ステップ」に分けて紹介していきますね。

 

Labrado始め方 6STEP

STEP1:暗号資産取引所の口座開設

STEP2:Metamaskの作成とネットワークの追加

STEP3:国内の取引所でXRPを購入

STEP4:XRPをバイナンスに送金する

STEP5:XRPをバイナンスでBNBに交換する

STEP6:Labrado公式サイトでNFTを購入

 

やること多いな・・・と思いますよね?

 

NFTゲームはこの手順がほとんどなので、一度済ませておくと他のゲームで遊ぶ時も、手順を飛ばしてスムーズに進められるようになります。

 

上から順番に解説していくので安心してくださいね。

 

ねとまる

すでに完了しているところは、飛ばしながら読み進めてください。

 

STEP1:暗号資産取引所の口座開設

 

はじめに、暗号資産の取引所口座がないとゲームに使うNFTが買えなかったり、稼いだトークンを日本円に換金できません。

 

今回は、国内と海外の暗号資産を取り扱っている口座開設が必要となります。

 

国内の取引所はbitFlyerの口座開設をおすすめしています。

 

なぜなら、XRP(リップル)の送金手数料が無料で、初心者の方でもアプリで簡単に取引ができるからです。

 

bitFlyerは無料で口座開設できるので、以下のバナーから済ませておきましょう。

 

 

10分程で開設は完了するので、先に済ませておくことで、今後別のNFTゲームを始めるときはスムーズに進めることができますよ。

 

口座開設のやり方が分からない方は【簡単10分】ビットフライヤーで口座開設する方法【5ステップ】をご覧ください。

 

なおコインチェックを利用して口座開設をされる方は【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】を参考にしてください。

 

海外の取引所はバイナンスがおすすめです。

 

口座開設のやり方が分からない方は【バイナンス】口座開設のやり方をスマホを使って分かりやすく紹介【初心者向け】を参考にしてください。

 

ほとんどのNFTゲームで必要になるので、最初に済ませておくことであとの工程がスムーズに進みます。

 

STEP2:Metamaskの作成とネットワークの追加

 

次に、Metamaskの作成をしてBSCネットワークを追加します。

 

ねとまる

Metamaskとは、財布のような役割を果たしてくれるウォレットです。

 

作成のやり方が分からない方はMetaMask(メタマスク)の作成と仮想通貨を送金する方法【画像付き】をご覧ください。

 

Metamaskの作成が完了したら、BSCネットワークを追加しておきましょう。

 

【スマホ版】MetaMaskにBNB(BSC)ネットワークを接続する方法

 

STEP3:bitFlyerでXRPを購入

 

今回はbitFlyerから送金手数料が無料のXRPを購入します。

 

購入方法は【ビットフライヤー】入金方法とイーサリアムの買い方【初心者向け】をリップルに置き換えて見てください。

 

コインチェックの方は【簡単】コインチェックの入金方法とビットコインの買い方【初心者向け】をリップルに置き換えて見てください。

 

STEP4:XRPをバイナンスに送金する

 

XRPの購入ができたらバイナンスへ送金します。

 

バイナンスへ送金するやり方が分からない方は【ビットフライヤー】XRP(リップル)をバイナンスに送金するやり方【画像付き】を参考にしてください。

 

コインチェックの方は【コインチェック】ビットコインをバイナンスに送金するやり方【画像付き】を参考にしてください。

 

STEP5:XRPをバイナンスでBNBに交換する

 

バイナンスに送金が完了したら、リップルをBNBに交換します。

 

こちらも【バイナンス】リップルをMATICに交換(コンバート)する方法で解説しているので、MATICをBNBに置き換えて見てください。

 

STEP6:Labrado公式サイトに登録する

 

現在、Labradoを始める方は、すでに始めている方から招待URLをもらわなければいけません。

 

Twitterなどで「Labrado 招待」と検索すると「欲しい方にあげます」という方がたくさんいるので、その方からもらいましょう。

 

ねとまる

詐欺には注意してください。

 

また、招待を受けたユーザーが、武器クリスタルを最初に購入、開封すると、招待者と招待されたものに「アミュレット」が無料でもらえます。

 

Labradoに登録後、ゲーム内ウォレットを作成し購入した「BNB」を送金して、マーケットプレイスから「武器クリスタル」を購入します。

 

他の武器だと招待特典のアミュレットが貰えないので注意。

ふく先生

 

ねとまる

ちなみに、全ての無料NFTは受け取った日から90日以内は、マーケットプレイスで販売できません。

 

Labradoの稼ぎ方

 

Labradoの主な稼ぎ方は、以下の2つです。

 

Labrado稼ぎ方 2つ

・バトルに勝利して稼ぐ

・NFTマーケットで売買する

 

順番に見ていきますね。

 

バトルに勝利して稼ぐ

Labrado バトル勝利

出典:Labrado

 

Labradoは戦略的なNFTゲームで、5つの要素(火・水・森・光・闇)があり、バトルに勝利することで「LBRD」トークンを獲得します。

 

アミュレットをどのエレメントに送るかによって、毎日の獲得量は変わります。

 

戦闘の詳細はホワイトペーパーをご覧ください。

 

Labrado ホワイトペーパー

 

NFTマーケットで売買する

Labrado マーケットプレイス

出典:Labrado

 

Labradoにはマーケットプレイスがあるので、そこで武器やアイテムの売買をして、差額分の利益を得ることができます。

 

  売買できる武器やアイテムは以下の7つ

・お守り

・アミュレットクリスタル

・兵器

・武器クリスタル

・宝石

・アミュレットミントスクロール

・武器鋳造スクロール

 

NFTを出品すると、出品した武器やアイテムはゲーム内で使用できなくなるので注意してください。

 

また、NFT売り上げの6%がプラットフォームの料金として引かれます。

 

NFTを購入した後の注意点

 

NFTを購入したあとは、詐欺にあわないように気を付けなければいけません。

 

残念ながら、日本人を狙った詐欺が日々たくさんあります。

 

一度盗まれたりすると、基本的に二度と元に戻ってきません。

 

  詐欺にあわない為に

・正式な公式サイトから入る

・知らない人からのDMは開かない

・MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

・ハードウェアウォレットを使用する

 

順番に見ていきましょう。

 

正式な公式サイトから入る

 

正式な公式サイトから入り、NFTを購入しましょう。

 

中には、URLを1文字だけ似たものに変えていたり、公式でもないのに公式を示すチェックマークが入っていたりします。

 

また、フォロワーの数も多かったりするのでしっかり確認する必要があります。

 

見分ける方法としては、以下がポイントです。

 

・きちんとした情報のツイートがされている

・インフルエンサーの方もフォローしている

・URLが不自然じゃない

 

Googleで検索したときに「詐欺サイトがトップに表示されている」なんてこともあるのでURLがおかしいと思ったら、一度調べるようにしましょう。

 

知らない人からDMは開かない

 

DMを解放していたり、NFTのことを発信していると全く知らない人から、親切なフリして話を持ち掛けてきます。

 

話にのってしまいウォレットを繋いだり、パスワードなど教えてしまうと中身を盗まれてしまいます。

 

基本的には、DMで贈られてくるものは全て詐欺!と思っていた方が安心です。

 

MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

 

MetaMaskなど、ウォレットのシードフレーズやパスワードは、アカウントの復元に使用することができるものです。

 

これを教えてしまうと、中身を全部抜き取られます。

 

基本的にパスワードなど聞かれることはないので、絶対に誰にも見せない!教えない!ようにしてください。

 

ハードウェアウォレットを使用する

 

他に対策はないの?お金がかかってもいいからもう少し対策をしたい!という方は 暗号通貨ハードウェアウォレットがおすすめです。



暗号資産(仮想通貨)やNFTなど、所有している資産を外部からの攻撃を防いでくれます。

 

ねとまる

せっかく高いお金を出して買ったNFTが盗まれたら悲しいですよね。

 

価格も1万円程と決して安くはないですが、買ったものや資産が盗まれるよりはマシです。

 

まとめ

 

今回は「Labrado(ラブラド) の始め方と稼ぎ方」について紹介しました。

 

Labradoは有名な企業Animoca BrandsとYield Guild Gamesから投資と支援を受けています。

 

なので、少し期待できるゲームかもしれません。

 

Twitterを見てみるとすでに始めている方がたくさんいて、盛り上がっている印象です。

 

とはいえ、投資は自己責任となり、価格は随時かわるので要チェックです。

 

それではSTEP1に戻って、Labradoを始めてください。

 

STEP1:暗号資産の口座開設に戻る

 

本記事の振り返り

・Labradoとは?

・Labradoの始め方 【6ステップ】

・Labradoの稼ぎ方

・NFTを購入した後の注意点

 

また、LabradoのNFT購入に使用する仮想通貨や稼いだ仮想通貨を日本円に換金するには、国内の暗号資産取引所口座が必要です。

 

10分もあれば口座開設は完了するので、サクッと済ませておきましょう。

 

おすすめは、XRP(リップル)の送金手数料が無料のbitFlyerです。

 

\ 最短10分で無料口座開設/

bitFlyer

 

 

今回は以上です。

 

※本サイトで掲載されている評価や感想等は、あくまでサイト運営者の主観であり、広告主に保証されたもではありません。

※暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じるリスクがあります。

お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

-NFTゲーム