NFT NFTアート

NFTアートの販売や購入をしている芸能人は?有名人も合わせて紹介

NFT 芸能人
悩みを抱えている人
NFTアートの販売や購入をしている芸能人や有名人が知りたいです。買い方も合わせて教えてください。

 

上記お悩みにお答えします。

 

  本記事の内容

・NFTアートとは?

・NFTアートを購入している芸能人や有名人

・NFTアートを販売している芸能人や有名人

・芸能人や有名人のNFTの買い方

・NFTアートを購入した後の注意点

 

こんにちは、ねとまるです。

 

今回は、NFTアートの購入や販売をしている芸能人や有名人を紹介します。

 

初心者の方でもわかるように、NFTアートの買い方も合わせて解説しますね。

 

最後まで記事を読むことで、NFTアートに参入している芸能人や有名人がわかり、NFTにより興味持つようになります。

 

また、NFTアートの購入にはイーサリアムという通貨が必要になるので、国内の暗号資産取引所口座を開設しておきましょう。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはbitFlyerです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

口座開設がまだの方は10分程で完了するので、サクッと口座開設を済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/

 

【簡単】ビットフライヤーの入金方法とETH(イーサリアム)の買い方【初心者向け】

※欲しい通貨に置き換えてご覧ください。

 

ビットフライヤー 入金 買い方 サムネ
参考【簡単】ビットフライヤーの入金方法とETH(イーサリアム)の買い方【初心者向け】

続きを見る

 

NFTアートとは?

 

NFTアートとは、ブロックチェーン技術を用いた代わりのきかないデジタルアート作品です。

 

これらはNFT(NON-Fungible Tokenの略)とよばれており、簡単にコピーや改ざんができないということで、価値が存在するようになりました。

 

NFTを使用できるようになったことで、アート、スポーツ、音楽、ゲームの分野でも価値が付くようになり、転売して稼ぐことも可能となったのです。

 

歩いて仮想通貨を稼ぐおすすめのアプリ10選【始め方も合わせて解説】

 

日本が開発したNFTゲームおすすめ5選【スマホで遊べる】

 

また、NFTはNFTを取り扱っているマーケットプレイスで売買することができます。

 

NFTマーケットプレイスおすすめ3選【目的別に紹介】

 

NFTの進出は、大企業もどんどん参入してくるほど期待が高まっております。

 

まずは、NFTアートがどのようなものがあるのかを知り、実際に手にすることでNFTのことをより詳しく知ることができるはずです。

 

NFTアートを購入している芸能人や有名人

 

NFTアートを購入している芸能人や有名人は以下の方です。

 

・田村淳 さん

・関口メンディー さん

・赤西仁 さん

・山田孝之 さん

・イケハヤ さん

・鴨頭嘉人 さん

 

順番に見ていきます。

 

田村淳 さん

 

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんは、積極的に新しいことに挑戦される方で、NFTに参入しアートの購入もされています。

 

 

NFTアートを田村淳さんが購入したということで、Twitterは大盛り上がりでした。

 

他のNFTプロジェクトの宣伝場になっていたのが印象的で、影響力の凄さを感じました。

 

関口メンディー さん

 

GENERATIONS、EXILEのメンバーである関口メンディーさんは、かなり最初の方からNFTに参入されていた記憶があります。

 

色んなプロジェクトのNFTアートを購入して、NFTの世界を盛り上げているイメージがあります。

 

 

関口メンディーさんも購入したPoubelle NFTの購入方法は下の記事で解説しています。

 

【NFTアート】Poubelle(プベル)の買い方【初心者向け】

 

 

関口メンディーさんも購入したmarimo NFTの購入方法は下の記事で解説しています。

 

【NFTアート】marimo(マリモ)の買い方【初心者向け】

 

赤西仁 さん

 

突然TwitterアイコンをNFTに変更したことで話題になっていました。

 

ちなみに、その時にNFTアイコンにしたのは、ルパン三世とコラボや今後攻殻機動隊とコラボを予定している「MetaSamurai」です。

 

 

赤西仁さんがNFTを購入したMetaSamurai NFTの買い方は下の記事で解説しています。

 

【NFTアート】Meta Samurai(メタサムライ)買い方【初心者向け】

 

山田孝之 さん

 

赤西仁さんに続いて、山田孝之さんもSNSのアイコンにされ、話題となりました。

 

 

超有名芸能人のNFT参入、しかも選ばれたのがMetaSamuraiというところが素敵ですね。

 

山田孝之さんがNFTを購入したMetaSamurai NFTの買い方は下の記事で解説しています。

 

【NFTアート】Meta Samurai(メタサムライ)買い方【初心者向け】

 

イケハヤ さん

 

インフルエンサーのイケハヤさんは、国内最大級のCryptoNinjaDAOを運営しています。

 

そして、海外の有名なNFT「CryptoPunks」を当時の価格約3700万円で購入したことで、かなりざわつきました。

 

 

鴨頭嘉人 さん

 

Youtube講演化の鴨頭嘉人さんは、すでにいくつものNFTプロジェクトを購入して、応援しています。

 

 

ご自身でもNFTを販売しているので、次項で紹介しますね。

 

NFTアートを販売している芸能人や有名人

 

NFTアートを販売している芸能人や有名人は以下の方です。

 

・西野亮廣 さん

・レイザーラモンHG さん

・田村淳 さん

・村上隆 さん

・イケハヤ さん

・鴨頭嘉人 さん

 

順番に紹介します。

 

西野亮廣 さん

 

西野亮廣さんが監修のNFTは、以下のようにたくさんあります。

 

 

各リンクに詳細や買い方が記載してあるので、気になる方は覗いてみてください。
先生

 

ねとまる
僕も実際にSHINZO NFTやハロウィンプペルNFTを購入しました。

 

色んなカタチでNFTを販売して、これまでNFTに興味のなかった方や分からなかった方を大勢NFTの世界に参加させたのではないでしょうか。

 

どのプロジェクトも成功しているので、これからも期待しかありません。

 

レイザーラモンHG さん

 

レイザーラモンHGさんは、ご自身で絵を描かれており「Hard Animal Generative」NFTを販売しています。

 

 

販売までに色んな有名プロジェクトともコラボをしており、話題になっていました。

 

そんなレイザーラモンHGさんの「Hard Animal Generative NFT」の買い方は下の記事で解説しています。

 

【NFTアート】Hard Animal Generative(HAG)の買い方

 

そして、次のNFTプロジェクトが発表されています。

 

 

田村淳 さん

 

田村淳さんはNFTアートの購入後、実際にご自身が小学生の頃に書いていたロボットの絵をNFTにして販売されました。

 

 

一度に全て販売ではなく、随時追加しているようですね。

 

 

村上隆 さん

 

世界的に有名な美術家の村上隆さんが、代表的な「」の作品をNFT化したものを販売されました。

 

村上隆

 

openseaで販売されていますが、なかなか手が出せない価格なので簡単に購入することは難しいかもしれません。

 

イケハヤ さん

 

イケハヤさんはCryptoNinjaをクリエイターのリツさんとプロデュースし、成功を収めています。

 

その後、CryptoNinjaのサブキャラクターが主役になったCryptoNinjaPartners(CNP)も手掛け、日本を代表するプロジェクトまで成長させました。

 

 

イケハヤさんが手掛けるCryptoNinjaPartners(CNP)NFTの購入方法は下の記事で解説しています。

 

【NFTアート】CryptoNinjaPartners(CNP)の買い方

 

鴨頭嘉人 さん

 

鴨頭嘉人さんは、色んなプロジェクトのNFTを、応援の意味を込めて購入され、ご自身でも「EDUCATION PASSPORT NFTを販売されました。

 

 

すでにopenseaで二次流通しているので、だれでも購入することが可能です。

 

芸能人や有名人のNFTの買い方

 

NFTアートの買い方は以下の「5ステップ」で可能です。

 

  NFTアート買い方 5ステップ

STEP1:bitFlyerの口座開設をする

STEP2:bitFlyerでETHを購入する

STEP3:Metamaskの作成とイーサ(ETH)を送金

STEP4:OpenSeaのアカウント登録とMetamaskを接続

STEP5:OpenSeaのマーケットプレイスで好きなNFTを購入する

 

NFTアートの詳しい買い方については下の記事で解説しています。

 

OpenSea(オープンシー)のマーケットプレイスでNFTアートの買い方を解説

 

OpenSea NFTアート 買い方
参考OpenSea(オープンシー)のマーケットプレイスでNFTアートの買い方を解説

続きを見る

 

NFTアートを購入した後の注意点

 

NFTを購入したあとは、詐欺にあわないように気を付けなければいけません。

 

残念ながら、日本人を狙った詐欺が日々たくさんあります。

 

一度盗まれたりすると、基本的に二度と元に戻ってきません。

 

  詐欺にあわない為に

・正式な公式サイトから入る

・知らない人からのDMは開かない

・MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

・ハードウェアウォレットを使用する

 

順番に見ていきましょう。

 

正式な公式サイトから入る

 

正式な公式サイトから入り、NFTを購入しましょう。

 

中には、URLを1文字だけ似たものに変えていたり、公式でもないのに公式を示すチェックマークが入っていたりします。

 

また、フォロワーの数も多かったりするのでしっかり確認する必要があります。

 

見分ける方法としては、以下がポイントです。

 

・きちんとした情報のツイートがされている

・インフルエンサーの方もフォローしている

・URLが不自然じゃない

 

Googleで検索したときに「詐欺サイトがトップに表示されている」なんてこともあるのでURLがおかしいと思ったら、一度調べるようにしましょう。

 

知らない人からDMは開かない

 

DMを解放していたり、NFTのことを発信していると全く知らない人から、親切なフリして話を持ち掛けてきます。

 

話にのってしまいウォレットを繋いだり、パスワードなど教えてしまうと中身を盗まれてしまいます。

 

基本的には、DMで贈られてくるものは全て詐欺!と思っていた方が安心です。

 

MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

 

MetaMaskなど、ウォレットのシードフレーズやパスワードは、アカウントの復元に使用することができるものです。

 

これを教えてしまうと、中身を全部抜き取られます。

 

基本的にパスワードなど聞かれることはないので、絶対に誰にも見せない!教えない!ようにしてください。

 

ハードウェアウォレットを使用する

 

他に対策はないの?お金がかかってもいいからもう少し対策をしたい!という方は 暗号通貨ハードウェアウォレットがおすすめです。



暗号資産(仮想通貨)やNFTなど、所有している資産を外部からの攻撃を防いでくれます。

 

ねとまる
せっかく高いお金を出して買ったNFTが盗まれたら悲しいですよね。

 

価格も1万円程と決して安くはないですが、買ったものや資産が盗まれるよりはマシだと思います。

 

まとめ

 

今回は「NFTアートの販売や購入をしている芸能人や有名人」について紹介しました。

 

こうして見てみると、たくさんの方がNFTに触れています。

 

NFTは、日本国内でもまだまだ浸透しておらず、芸能人や有名人の方が参入することで一気に知れ渡ります。

 

もっと早く知っておけばよかった」と思う前に、気になったNFTを少額からでも実際に購入して体験してみてください。

 

  本記事の内容

・NFTアートとは?

・NFTアートを購入している芸能人や有名人

・NFTアートを販売している芸能人や有名人

・芸能人や有名人のNFTの買い方

・NFTアートを購入した後の注意点

 

また、NFTアートの購入にはイーサリアムという通貨が必要になるので、国内の暗号資産取引所口座を開設しておきましょう。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはbitFlyerです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

口座開設がまだの方は10分程で完了するので、サクッと口座開設を済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/

bitFlyer

 

 

今回は以上です。

 

※本サイトで掲載されている評価や感想等は、あくまでサイト運営者の主観であり、広告主に保証されたもではありません。

※暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じるリスクがあります。

お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

-NFT, NFTアート