Metaverse NFT

【メタバース】SAKURA METAVERSEの始め方と稼ぎ方

SAKURA
悩みを抱えている人
SAKURAを始めてみたいのですが、やり方がわかりません。わかりやすく教えて欲しいです。

 

上記お悩みにお答えします。

 

  本記事の内容

・SAKURA METAVERSEとは?

・SAKURAの始め方

・SAKURAの稼ぎ方

・NFTを購入した後の注意点

 

こんにちは、ねとまるです。

 

SAKURAを始めてみたいけど、始め方が分からなくて悩んでいませんか?

 

この記事では、SAKURAの始め方と稼ぎ方について紹介します。

 

無料で遊べるゲームとなっていますので、最後までこの記事を見て頂く事で、簡単に始められますよ。

 

また、SAKURAのNFT購入や稼いだ仮想通貨を日本円に換金するには、国内の暗号資産取引所が必要になります。

 

国内の暗号資産取引所 おすすめはイーサリアムが取引所で買えるbitFlyerです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

口座開設がまだの方は10分程で完了するので、サクッと口座開設を済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/

 

SAKURA METAVERSEとは?

 

SAKURAとは、探索や創造、採掘や戦いをして稼ぐことができるブロックチェーンゲームです。

 

オンラインマルチプレイなので、他のプレイヤーとコミュニケーションをとることもできます。

 

また、ランドを所有すると仮想会社を建設したり、他のプレイヤーに貸し出すことも可能。

 

SAKURA NFTは、SAKURAに入る際のデジタルIDの代わりとなり、以下の特典が用意されています。

 

・通常のプレーヤーにはない才能の属性値を持っている

・小惑星帯の独占採掘権

・特別なアイテムのエアドロップを不定期に入手する

・ゲームの最新機能体験への優先参加

引用:SAKURAホワイトペーパー

 

SAKURAの始め方

 

SAKURAは、以下の4ステップで始められます。

 

  SAKURA始め方 4ステップ

STEP1:bitFlyerで口座開設する

STEP2:bitFlyerでETHを購入する

STEP3:ETH(イーサ)をMetaMaskへ送る

STEP4:SAKURA公式サイトに接続する

 

順番にみていきますね。

 

STEP1:bitFlyerで口座開設する

 

NFTの購入や稼いだ暗号資産を日本円に換金するには、国内の暗号資産取引所が必要となります。

 

送金するときに使用するXRP(リップル)は、送金手数料が無料のbitFlyerがおすすめです。

 

なのでbitFlyerの口座開設を済ませておきましょう。

 

 

ねとまる
10分程で開設は完了するので、先に済ませておくことで、今後別のNFTゲームを始めるときはスムーズに進めることができますよ。

 

STEP2:bitFlyerでETHを購入する

 

bitFlyerでETH(イーサ)を必要な分だけ購入します。

 

ねとまる
決済するときに、ガス代(手数料)もかかるので、少し多めに購入しておきましょう。

 

ETHの買い方が分からない方は【簡単】ビットフライヤーの入金方法とETH(イーサリアム)の買い方【初心者向け】を参考にしてください。

 

STEP3:ETH(イーサ)をMetaMaskへ送る

 

ETHをMetaMaskに送金します。

 

ねとまる
Metamaskとは、財布のような役割を果たしてくれるウォレットです。

 

送金のやり方がわからない方はMetaMask(メタマスク)の作成と仮想通貨を送金する方法【画像付き】を参考にしてください。

 

STEP4:SAKURA公式サイトに接続する

 

SAKURA公式サイトに入り、右上の「接続」を押す。

SAKURA 接続

 

メタマスク」に接続。

MetaMask 接続

 

現状できるのは、ここまでとなります。

 

続報が分かり次第追記します。

 

最新情報はSakura(@SakuraMeta)公式Twitterをチェックしておきましょう。

 

SAKURAの稼ぎ方

 

SAKURAの稼ぎ方は、以下の5つです。

 

  SAKURA稼ぎ方 5つ

・バトルで稼ぐ

・探索や採掘をして稼ぐ

・アイテムを作成し販売して稼ぐ

・土地をレンタルして稼ぐ

・ステーキングで稼ぐ

 

順番に見ていきますね。

 

バトルで稼ぐ

 

コンテストやポイントランキングに参加して、ランクを上げて行くことで報酬を獲得できます。

 

探索や採掘をして稼ぐ

 

採掘した宝石や鉱石その他の資源や、採集した木材を売って稼ぐことができます。

 

アイテムを作成し販売して稼ぐ

 

アイテムの作成や、モンスターを倒して手に入れた武器や装備を、販売して稼ぐができます。

 

機器工場を建設して機器を販売したり、自動車工場を建設して自動車を販売することも可能。

 

土地をレンタルして稼ぐ

 

LANDを所有すると、NFTや土地を取引して収入を得たり、他のプレイヤーに土地をレンタルして収入を得ることができます。

 

ステーキングで稼ぐ

 

SAKトークンを一定期間預けることで、配当を得ることができます。

 

ステークすると、SAKURA NFTや土地を獲得できるチャンスがあります。

 

NFTを購入した後の注意点

 

NFTを購入したあとは、詐欺にあわないように気を付けなければいけません。

 

残念ながら、日本人を狙った詐欺が日々たくさんあります。

 

一度盗まれたりすると、基本的に二度と元に戻ってきません。

 

  詐欺にあわない為に

・正式な公式サイトから入る

・知らない人からのDMは開かない

・MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

・ハードウェアウォレットを使用する

 

順番に見ていきましょう。

 

正式な公式サイトから入る

 

正式な公式サイトから入り、NFTを購入しましょう。

 

中には、URLを1文字だけ似たものに変えていたり、公式でもないのに公式を示すチェックマークが入っていたりします。

 

また、フォロワーの数も多かったりするのでしっかり確認する必要があります。

 

見分ける方法としては、以下がポイントです。

 

・きちんとした情報のツイートがされている

・インフルエンサーの方もフォローしている

・URLが不自然じゃない

 

Googleで検索したときに「詐欺サイトがトップに表示されている」なんてこともあるのでURLがおかしいと思ったら、一度調べるようにしましょう。

 

知らない人からDMは開かない

 

DMを解放していたり、NFTのことを発信していると全く知らない人から、親切なフリして話を持ち掛けてきます。

 

話にのってしまいウォレットを繋いだり、パスワードなど教えてしまうと中身を盗まれてしまいます。

 

基本的には、DMで贈られてくるものは全て詐欺!と思っていた方が安心です。

 

MetaMaskなどのシードフレーズやパスワードを教えない

 

MetaMaskなど、ウォレットのシードフレーズやパスワードは、アカウントの復元に使用することができるものです。

 

これを教えてしまうと、中身を全部抜き取られます。

 

基本的にパスワードなど聞かれることはないので、絶対に誰にも見せない!教えない!ようにしてください。

 

ハードウェアウォレットを使用する

 

他に対策はないの?お金がかかってもいいからもう少し対策をしたい!という方は 暗号通貨ハードウェアウォレットがおすすめです。



暗号資産(仮想通貨)やNFTなど、所有している資産を外部からの攻撃を防いでくれます。

 

ねとまる
せっかく高いお金を出して買ったNFTが盗まれたら悲しいですよね。

 

価格も1万円程と決して安くはないですが、買ったものや資産が盗まれるよりはマシだと思います。

 

まとめ

 

今回は「SAKURA METAVERSEの始め方と稼ぎ方」について解説しました。

 

SAKURAは、仮想空間で自由に遊んで稼げるゲームです。

 

自分でアイテムを作成したり、建物を建設したりするのが好きな方におすすめです。

 

また、9月8日にMEXCでSAKトークンが上場することが決まりました。

 

これから、かなり期待ができるプロジェクトになっています。

 

とはいえ、投資は自己責任になるので余剰資金で遊ぶようにしてください。

 

それではSTEP1に戻って、SAKURAを始める準備をしておきましょう。

 

STEP1:暗号資産の口座開設に戻る

 

  本記事の振り返り

・SAKURA METAVERSEとは?

・SAKURAの始め方

・SAKURAの稼ぎ方

・NFTを購入した後の注意点

 

また、SAKURAのNFT購入や稼いだ仮想通貨を日本円に換金するには、国内の暗号資産取引所が必要になります。

 

国内の取引所おすすめはコインチェックです。

 

無料で口座開設ができて、スマホアプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

10分程で簡単に開設できるのでサクッと済ませておきましょう。

 

\ 最短10分で無料口座開設/
コインチェック

 

 

今回は以上です。

-Metaverse, NFT