暗号資産(仮想通貨)

MetaMask(メタマスク)の作成と仮想通貨を送金する方法【画像付き】

悩みを抱えている人

スマホでMetamaskを作成するやり方と、作成したMetamaskをPCにインストールする方法も知りたいです。

Metamaskに送金するやり方も教えてください。

 

上記お悩みを解決します。

 

  本記事の内容

・MetaMaskの作成(スマホ版)

・作成したMetamaskをPCにインストールする方法

・コインチェックからMetaMaskに送金する方法

・ビットフライヤーからMetamaskに送金する方法

 

こんにちは、ねとまるです。

 

Metamaskの作成と仮想通貨を送金するやり方がわからなくて悩んでいませんか?

 

この記事では、MetaMaskの作成と送金する手順をコインチェックbitFlyerを例に紹介します。

 

記事を最後まで読み終えると無事に送金できるようになりますよ。

 

また、OpenSeaでNFTの売買やNFTゲームを始めるときは、国内の暗号資産取引所口座が必要になります。

 

口座開設がまだの方は10分程で簡単に開設できるので、サクッと済ませておいてください。

 

おすすめの取引所は、この記事でも紹介するコインチェックbitFlyerの2つです。

 

どちらも無料で口座開設ができて、アプリで操作できるので、初心者の方でも簡単に取引ができます。

 

コインチェックの口座開設のやり方が分からない方は【簡単10分】コインチェックで口座開設する方法【3ステップ】で解説しています。

 

ビットフライヤーの口座開設のやり方が分からない方は【簡単10分】ビットフライヤーで口座開設する方法【5ステップ】で解説しています。

 

ねとまる

国内の取引所はどちらかひとつでOKです。

 

口座開設が完了したら、Metamaskの作成をしていきます。

 

それでは、見ていきましょう。

 

お得なお知らせ

コインチェックでは2022年9月30日までの間に、かんたん本人確認と1円以上の入金で「1500円分のビットコイン」が貰えるキャンペーン中です。現金投資が怖い方でも「1500円分」のビットコインで運用が始められます。NFTアートやゲームを始める方の資金にもなりますよ。

詳細はコインチェックの公式サイトをご確認ください。

 

\ 1500円分のBTCがもらえる /

 

MetaMaskのアカウントをスマホアプリで作成する手順

 

OpenSeaやNFTゲームをするためには「MetaMask」が必要になります。

 

ねとまる

Metamaskとは、イーサリアム系を取引するために必要なウォレットです。財布のような役割を果たし決済をする時に必須となります

 

まず、最初にMetamaskのアプリをダウンロードしましょう。

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask - Blockchain Wallet
開発元:MetaMask
無料
posted withアプリーチ

 

アプリをダウンロードしたら、起動して「開始」をタップ。

MetaMask アプリ 開始

 

新しく作るので「新しいウォレットの作成」をタップ。

MetaMask アプリ ウォレットの作成

 

こちらはどちらでもいいですが、今回は「同意します」をタップして進めます。

MetaMask アプリ 同意します

 

次にパスワードを作成します。

 

パスワードの安全性を確認しながらパスワードを入力し「パスワードの作成」をタップ。

MetaMask アプリ パスワード作成

 

次にウォレットの保護をします。

 

下の画面になったら「開始」をタップ。

MetaMask アプリ ウォレットの保護

 

表示」をタップするとリカバリーフレーズが表示されるのでスクショまたはメモをして「続行」をタップ。

MetaMask シークレットリカバリー

 

ねとまる

リカバリーフレーズは無くさないように、必ず厳重に保管して誰にも見せないでください。

 

先程表示されたフレーズを順番に当てはめていきます。

MetaMask アプリ シークレットフレーズ

 

バックアップの完了」をタップしたらMetaMaskの設定は完了です。

MetaMask 設定完了

 

作成したMetamaskをPCにインストールする方法

 

Google Chromeの拡張機能を使ってインストールする方法を紹介しますね。

 

まずは、Chromeウェブストアにアクセスします。

 

アクセスできたら、左上のストアを検索から「MetaMask」と検索します。

Chrome ウェブストア

 

MetaMaskが表示されるので選択します。

Chrome ウェブストア MetaMask

 

画面右上にある「Chromeに追加」タップ。

MetaMask Chrome

 

MetaMask」を追加しますか?というポップアップが表示されるので「拡張機能を追加」タップ。

拡張機能を追加

 

すでにMetaMaskウォレットが作成済みなので、左からウォレットをインポートします。

ウォレット インポート

 

MetaMaskの作成がまだの方は右から作成できますよ。

ふく先生

 

同意します」タップ。

同意します

 

MetaMaskを作成したときに「シークレットリカバリーフレーズ」を使用したと思いますが、そのフレーズを指定された時の順番で入力していきます。

 

フレーズが合っていても順番が違っていたら、拒否されます。

アカウント インポート

 

ちなみに「シークレットリカバリーフレーズ」がわからなくなったら、MetaMaskのアプリを開いて左上の「メニュー」をタップ→「設定」→「セキュリティとプライバシー」→「シークレットリカバリーフレーズを公開する」で確認することができます。

ふく先生

 

おめでとうございます」と表示されたら完了です。

すべて完了

 

Metamaskに送金する方法

 

設定が完了したら、イーサリアムを購入してMetamaskに送金します。

 

イーサリアムの買い方は、それぞれの取引所で異なるので以下の記事を参考にしてください。

 

【簡単】コインチェックの入金方法とビットコインの買い方【初心者向け】(ビットコインをイーサに置き換えてくださいね。)

 

【簡単】ビットフライヤーの入金方法とイーサの買い方【初心者向け】

 

それでは、Metamaskに送金する方法を見ていきましょう。

 

bitFlyerからMetamaskに送金する方法

 

まずは、bitFlyerからMetamaskに送金する方法を見ていきましょう。

 

ビットフライヤーのアプリを開いて下のバーから「入出金」をタップし、右上の「仮想通貨」→「イーサ」をタップ。

ビットフライヤー 入出金 イーサリアム

 

出金」をタップ。

ビットフライヤー 出金

 

ここにMetaMaskのアドレスを追加します。

 

まずは「外部イーサアドレスを追加」をタップ。

外部イーサアドレスを追加

 

メールボックスにメールが届くので開いたらURLをタップ。

外部アドレス登録の手続き

 

次に「ラベル」とMetaMaskのアドレスを入力して「保存」をタップ。

ラベル イーサアドレス

 

・ラベル:出金先の名前を入力(例MetaMask)

・イーサアドレス:出金先のアドレスを入力(例MetaMaskのアドレス)

 

MetaMaskのアドレスはアプリを開いたらアイコンの下あたりに表示されているのでタップするとコピーできますよ。

ふく先生

MetaMask アドレスコピー

 

さっき「保存」をタップした認証コードを入力。

 

ショートメッセージで届いた番号を入力して「完了」タップ。

認証番号 完了

 

下の画像のように「保存しました」と表示されたら、宛先が追加されているのでタップ。

保存しました

 

出金したい数量を入力して「出金」をタップ。

イーサ 出金数量

 

初めての送金先の場合は、必ず最低金額で一度テスト送金することをおすすめします。

なぜなら、送金先のアドレスが間違っていた場合、お金は戻ってこないからです。

 

続いて、出金確認画面がでるので「出金」をタップ。

ETH 出金

 

最後に「外部送付を受け付けました」と表示されたら完了です。

 

その後、確認メールが届きますので反映されるまでしばらく待ちましょう。

 

コインチェックからMetaMaskに送金する方法

 

次にコインチェックから送金する方法を紹介します。

 

まずは、コインチェックのアプリを開いて「ウォレット」を選択し「イーサリアム」をタップ。

コインチェック ウォレット

 

Metamaskに送るので「送金」を選択してください。

コインチェック 送金

 

送金する通貨」を選択し「宛先を追加」をタップ。

コインチェック 宛先を追加

 

宛先を入力していくので、入力ができたら「追加」をタップ。

コインチェック 宛先を新規追加

 

・ラベル:自分がわかる名前を付ける(例MetaMask)

・宛先:送金するアドレスを入力(今回はMetaMaskのアドレスを入力)

・SMS認証用コード:届いた認証コードを入力

 

MetaMaskのアドレスに送金するので、MetaMaskのアプリを開いてください。

 

アドレスが表示されているのを確認して、コピーしたら「宛先」に張り付けます。

MetaMask アドレスコピー

 

 

さっき追加した宛先を選択し、送金額を入力して「次へ」をタップ。

イーサ 送金 画面

 

・宛先:送り先のアドレスを入力

・手数料:0.005ETHかかる(記事執筆時点)

 

申請内容に間違いがないか確認して、最後に「二段階認証」を入力し「申し込みを確定する」をタップしたら完了です。

 

ねとまる

おつかれさまでした。

 

まとめ

 

今回は「MetaMask(メタマスク)の作成と仮想通貨を送金する方法」を紹介しました。

 

手順通りに進めるだけなので意外と簡単にできたかと思います。

 

また。OpenSeaで取引する場合やNFTゲームを始めるときは、MetaMaskを利用して暗号資産が必要になります。

 

口座開設がまだの方は10分程で簡単に作れるので、サクッと済ませておいてください。

 

おすすめの取引所は、この記事でも紹介するコインチェックbitFlyerの2つです。

 

お得なお知らせ

コインチェックでは2022年9月30日までの間に、かんたん本人確認と1円以上の入金で「1500円分のビットコイン」が貰えるキャンペーン中です。現金投資が怖い方でも「1500円分」のビットコインで運用が始められます。NFTアートやゲームを始める方の資金にもなりますよ。

詳細はコインチェックの公式サイトをご確認ください。

 

\ 1500円分のBTCがもらえる /
コインチェック

 

 

今回は以上です。

-暗号資産(仮想通貨)